-退魔師 柊葵-


 夜天を覆いつくす星々は、しかし街の明るさにその美しさを霞ませる。
 学校の壁面に取り付けられた巨大なデジタル時計は、午前二時半という現在の時刻を表示している。
 少し歩いて大通りに出れば、車通りは日中よりは少ないながらも途絶えることもなく、コンビニエンスストアや自動販売機の光が暗闇を照らし続ける。
 既に深夜にもかかわらず、この街に暗闇の安息はない。まさに不夜城というに相応しいこの街で、一人の少女が歩いていた。
 美しい少女だった。
 整った目鼻立ちは勿論のこと、ポニーテールにまとめられた栗色の髪が、少女に快活な印象を与えている。
 日付はとうに変わっている。こんな時刻に出歩くものではないと、良識ある大人であれば彼女に言ったかもしれない。
「……どうしたもの、かしらね」
 誰に語りかけるでもなく呟くと、少女の口から溜息が漏れた。
 それを合図とするかのように、微かながら張り詰めていた空気が糸が切れたかのように弛緩する。
 周囲を改めて見回してから、少女――ひいらぎあおいはがっくりと肩を落とした。
 葵は夜遊びをするタイプではないし、事実、夜遊びのためにこんな深夜にまで出歩いているわけでもない。第一、中心街の方に出て行かなければ遊べる場所すらないのだ。
 そんな葵が、こんな時間にこんな場所にいるのは彼女の家業に理由があった。
 退魔業。
 柊家は退魔調伏たいまちょうぶくを生業とする一族で、その姓も、悪鬼払いの意図を持って授けられたものだとされている。
 科学技術が世界を席巻する現代、退魔業が物語の中だけの話だと思われるのは仕方がないことだろう。しかし現実、退魔業はただの飾りとしてではなく存在する。
 事実、葵はその次期当主として既に幾度もの退魔業を行っているし、一般的に知られていない特殊な技能を用いることが出来た。
 今回の散策は、その退魔業の一環であった。
 ここ数週間、この周辺で頻発する失踪事件。ただ偶然が重なっただけかもしれないし、あるいはただの誘拐犯による事件という可能性もある。
 しかし葵は、漠然とした勘ながらも、それが自身の領分にある事件であると確信していた。
 即ち、術式が関わる事件と。
 術式じゅっしきとは、精神が潜在的に持ち備える干渉力という力を、指向性を持って外界に行使することで科学法則に反する現象すら引き起こす技術を指す。
 それは魔法と呼んでも差し支えのないものであり、同時に似て非なるものでもある。
「今日は出ないのかな?」
 そう考えつつも駄目押しにと、再度索敵の術式を展開するが、案の定、特別な存在を感知することもできない。
「帰ろうかな」
 明日も学校があるのだから、と葵は自分に言い聞かせる。退魔の鍛錬ばかりを行っていた葵の学力は芳しいとは言いがたい。
 折角の長期休暇期間を、補習で半分ほどに削られてしまうというのが現実的な危機と感じられるほどに。
「え?」
 瞬間、葵は奇怪な感覚に襲われる。
 位置情報を割り出し、ソレが起こった場所へと走る。その心に恐怖はない。あるのは使命感と、好奇心。
 葵が感じ取ったのは『何かが何もなかった場所に突然現れた』としか思えない感覚。それも、その気配からは同時に若干の干渉力も感じ取れる。
 ただ物質を転移させるだけならばともかく、生物を転移させるには高度な技術と莫大な干渉力が必要となる。
 不思議なのは転移の術式を使う存在にしては、あまりにもその力が微弱にしか感じられないということだった。
 世に言う無双のような神格級の術士であれば、莫大な干渉力を隠行おんぎょうによって隠すことも可能であろうが、隠そうとしているのであればあまりにもお粗末な偽装といえた。
 公園の林の傍、その気配の主は居た。
 その存在を一言で現すならば触手、という言葉を用いるべきだろう。
 サッカーボール大の球状の本体から生えた無数の触手が、ぬめぬめとした粘液を纏い蠢いている。
 その見た目に、思わず葵は生理的な嫌悪感を感じる。今まで葵が滅したことのある人外は、その大部分が既存の生物分類体系から離れてはいるものの、それでも生物としての類似点を感じさせるものだった。
 だが、目の前に居るこの人外は違う。伝聞でしか知らなかったまさしく魔物とでもいうべきソレと相対し、葵は身体を震わせる。
 恐怖? 否、武者震いだ。
 それは葵の強がりではない。その見た目には嫌悪感を抱かずにはいられないものの、目の前にした真正の《魔》を相手に、自身の力がどれほどまで通用するのか、それを試してみたいと葵は思ったのだ。
「にしても、気持ち悪いわね」
 吐き捨てる葵の言葉にも、触手塊は答えない。そもそも、答えられるだけの知性があるとは葵には思えなかった。
「柊流退魔師、柊葵!」
 名乗る。
 その言葉に意味があるわけではない。しかし、葵にとっては自らの思考を退魔師のそれへと切り替えるための儀式ともいえるものだった。
 それに際し、葵は二つの術式を展開する。一つは思考の加速、そしてもう一つは身体強化。術式戦闘における基本中の基本であり、最重要な生命線でもある。
 触手塊は既にその敵意を葵に向けている。聞き及んだ話通りであれば、ソレらは女性を餌とする。それも肉を喰らうわけではなく、女性を捉え、その体液を食餌とするという女の敵ともいうべき存在だ。
 触手塊から一直線に触手が放たれる。槍の一撃にも勝るであろう一撃を、しかし葵は後ろへ跳ぶことで避ける。
 術式は誰しもが扱える、というわけではなく、また、その能力も鍛錬よりも才能によるものが大きい。
 そしてその才は、大部分が血筋によって決定付けられるといえる。事実、高名な術士の大部分はなにがしかの名家の出であることがほとんどである。
 葵はそういった意味で、誰しもが望んでも得られない才能モノを持っていた。
 術式の名家といえば藤代、陣原、清水、浅緋、榊などがまず挙がる。それらと比べれば柊の名も霞むというものだが、葵個人の才能という面ではそれらの家の術士すらも上回っているという自負が葵にはある。
 葵は触手塊から注意を逸らさないまま、右手に干渉力を集中する。
鳴神ナルカミ!」
 イメージする。その形を、重みを、感触を、様々な情報を浮かべ、虚空にその存在を実在させていく。
 葵の手から生じた干渉力が光を伴って可視化、球体から棒状へとその形を変え、最終的にその光の中から一振の薙刀が現れた。
 作り自体は簡素ながら、太刀のそれにも劣らない巨大な刀身にはその名を表すかのように雷の如し刃紋が浮かび上がっている。美術品としても価値があろうそれは、長さは三メートルほどと、薙刀としても最大級の大薙刀に分類されるものだ。
 本来、女性が扱えるような重さではないが、全身に行き渡る身体強化の術式がそれを可能にする。
 鞭のように振るわれる触手を、今度は避けることなく薙刀の刃で受ける。
 相手の勢いも利用して切断できる、そう思っていた葵だったが、意外なことに触手は斬れることなくその衝撃を伝えた。
「っ……」
 術式で身体強化を行っているとはいえ、相手は人外の存在。単純な力押しで勝てる相手ではないし、葵自身そこまで侮ってはいない。
 鍔迫り合いのような形となっている状況から、刃を傾ける。表面の粘液もあってか、触手は滑るように地面に叩きつけられる。
 そのままの隙を狙っていたのか、突き出すように向かってきていた幾条もの触手をバックステップによって射程圏外まで飛び退き、伸びきった瞬間を見計らって身体全体のバネを使って前へと跳ぶ。
「木気を纏いて此処に霹靂を齎さん。柊流退魔術《迅雷》……急々如律令いそぎてりつりょうのごとくなせ!」
 高速で呟かれた詠唱の呪言により、柄を通して干渉力を流された鳴神の刀身が雷を纏う。
 大きく左に、あたかも居合いを行うかのようにソレを構え、
「奮ッ!」
 裂帛の気合と共に、振り抜く。
 剣閃は雷の尾を引き、葵自身ですら気付いた瞬間には刃は既に振り切った後だった。一般的には隙が大きいのと、相手がその詠唱から術理を解する危険性からあまり用いられないという呪言の詠唱だが、用いれば、使用者が無詠唱で行える限界以上の術式を用いることが出来る。
 柊流《迅雷》は葵の祖父は槍に、父は刀にそれぞれ用いていた、刀身の雷速化術式である。現実的には雷の速さと同速とまではいかないものの、それでも圧倒的な剣速を誇る。問題は、あまりの速さに振り始めれば制御が利かないという点だがそれすらも些事。
 その速度は、触手塊の中心、核だと思しき球状の部分を見事なまでに両断していた。断面は纏った雷によって焼け爛れており、再生する兆しは見られない。
 葵は念のためにと両手に《雷丸》を紡ぐ。雷球を生み出す汎用性の高い術式で、葵が最も好む術式だった。
 そのまま両手の雷を振りかぶってから叩きつけると、触手塊はその一片も残さずに焼滅した。
「でも……」
 ここ最近の失踪事件が起きるのは常に日付が変わってからだった。中心街の方であればともかく、この辺りでは日付が変わるほどの時間ともなれば人通りは皆無に等しい。故に犯人は人目につかないよう行動を起こす、それなりの知性を持つ存在であると判じていた。
 だが、今しがた屠った触手塊には人目を気にするほどの知性があるとは思えない。また、格で言うのであれば良くて中級、転移術式を使えるほどではなく、突然現れたというのも不自然に過ぎる。
「どういうことなの?」
 葵の疑問に対して答える者はいない。
 偶然。その一言で片付けることができない程度のことではない。だが、連続失踪事件の最中に発生したことである。一言で捨て置けないのも事実であったし、何よりも葵の術士としての本能が、その全てに関連があることであると訴えていた。
「何か、ある」
 術士としてまだ若く、猪突猛進な感すらある葵ですら、好奇心を覚えつつも、一抹の不安を覚えずにはいられないのであった。
 夜天の星々は、何も告げることなくただただ地上を見下ろしていた。

退魔師 柊葵
NOVELS
HOMEHOMEHOME

inserted by FC2 system